ベストセラー作家である泉忠司 氏が、55冊目の本『バカとブスこそ金稼げ!』
暗号通貨(仮想通貨)についても記載しています。(234~241ページ)

この本の表題は、かつて一世を風靡して社会現象にまでなったドラマ『ドラゴン桜』の名言、
「バカとブスこそ東大に行け」を改変したものです。

泉忠司 氏はこのドラゴン桜のモデルとも言われています。

この本で言っている「バカ」とは、世の中の仕組みや真実を理解しようとせず、
そこから目をそむけて漫然と世の中の流れに流されてしまうだけの日々を送っている
人のことです。「どうでもいい」「どうせ無理」と投げ出して思考停止するから「バカ」なのです。

「ブス」はもって生まれた外見のことを言っているのではなく、世の中に興味や好奇心がなく、
内面も輝かせる活動をしていない人のことを言っています。

「暗合通貨」に関する概要を参考までに以下に示します。

「暗合通貨」時代の到来

・「暗合通貨」誕生の歴史
・ビットコインの必要性
「暗合通貨2.0」の時代

「暗合通貨2.0」
暗号通貨は送金の手段として使われていますが、それだけでなくプラスアルファの
必要性が求められてきています。

送金+アルファの時代にはいったということで、「暗合通貨2.0」の時代になったと
言われています。

関連記事はこちらです:

セミナー情報

セミナー情報はこちら