今、メガウェイブキャンペーンで話題になっている新しい暗号通貨について
予想を書きます。

私はこの暗号通貨の代理店になる権利を昨日(10月20日12時ごろ)予約しました。
この通貨の代理店権利は、仮想通貨バイブルというDVDを購入した
限定1000名と発表されています。

新しい暗号通貨ですが、泉忠司 氏が繰り返し説明しているように、
必要性があるものです。

そしてある国の国民にとても必要であるもの、
そして最近、泉 氏が大統領にあっていることから
東南アジアの泉 氏が住んでいるフィリピンに関係しているものと
予想します。

必要の意味ですが、
フィリピンの経済は、国外で働いているフィリピンの人からの送金が
かなりの割合で支えています。

送金にかかる手数料分が他国の収入になっています。
これが、送金手数料が安い新しい暗号通貨に置き換わると、
送金手数料分が新たな収入としてフィリピンに入ってきます。

国や国民がこの通貨を使うユーザーになると取引量が第一位のビットコインを
上回る可能性があります。

この新しい通貨を交換して得ておくことで、億万長者になる人がでてくると思います。

関連記事はこちらです:

セミナー情報

セミナー情報はこちら